ポーランドで親知らずを抜く① 歯医者探し~診察まで

 

明日、親知らずを抜きます。

本当に海外に行く前に抜いとくもんですね、親知らず。

 

 

後悔してもしょうがないのでこうなった経緯を含め、ポーランドでの歯医者体験を記録したいと思います。

 

 

2019年末に左下の親知らずを抜いて以来(もちろん日本で)、残りの3本は鳴りを潜めていました。

正確に言うと、翌春くらいから飲酒すると翌日に右下の歯茎がちょっと腫れるな~とは思っていたのですが既に世はコロナ一色。

大学病院で緊急性のない抜歯をしてもらえる状況ではなかったので、かかりつけの歯医者さんと相談し様子見程度にとどめておくことに。

(歯が神経に近い場所に埋まっているので大学病院じゃないと無理、と言われていました。)

 

 マーフィーの法則とでもいうのでしょうか。

半年あまり何もなかったのに、昨年12月に退職したとたんに右下の歯茎が痛み出しました。

時すでに遅し。

歯医者さんで処方してもらった抗生剤を持ってポーランドに飛びました。

 

 

国境を越えたところで痛いもんは痛い!

抗生剤を服用すると痛みや腫れは引くもののいずれストックは尽きるし、そもそもこんな強い薬を常用していいのか!?という心配もあり一時は日本に帰国することも検討しました。

 

しかし、帰ったとて3日間のホテル待機+14日間の自主隔離が必要。

考えあぐねた結果、腹をくくってポーランドの歯科医にかかることにしました。

 

 

歯医者探しですが下記の流れで行いました。

1. Google Mapを利用し、自宅から近い+レビューが良い+英語のホームページがある歯科医を15軒ピックアップ

 

 2. 各コンタクトフォームやメールアドレス宛に、氏名・親知らずを抜きたい旨・概算費用はいくらかといった質問事項を問い合わせまくる

 

3. 返信が来た歯科医の中から最安値の歯科医を予約

 

当然私は保険なしの10割自腹マンなので値段が最重要事項です。

メールベースの確認ですが、歯科医によって価格の差はそれなりにありました。

・診察代:50~150zl

・下側抜歯:600弱~1000zl

CTスキャン:不要 (=レントゲンだけでOK)or 400~500zl

・レントゲン:80~90zl

 *1zl=30円くらいです

 

やっぱりCTの要不要は大きい。

そりゃ歯医者さんからすると、メールだけ送り付けてきた患者の状態なんかCT取らんとわからんわ!という感じでしょう。

でもレントゲンだけで済むなら、そっちの方が絶対ありがたい…。

 

 

そろばんをはじいて一番安く済みそうな近所の小さなクリニックを受診することに決めました。

月曜日に問い合わせを送り、翌日に返信が来て予約、そして本日(水曜日)には診察というスピード感のある流れです。

 

 

ちなみに、問い合わせた15軒のうち10軒から翌日には返信がきました。

ポーランドは歯科技術が高いわりに治療費が安く、コロナ以前は北欧などから多くの患者さんが手術を受けに来ていたそうです。

そのおかげでしょうか、かなり多くの歯科医が英語対応を行っていました。(少なくともインターネット上のやりとりに関しては)

 

 

そして今日、受診してきました。

クリニックに到着したら消毒と受付を済ませ、タブレットに住所や既往歴を記入します。

その際、スタッフさんに最近撮ったレントゲン写真があるか聞かれました。

昨年12月に日本で撮影した画像を持っていたので、それをそのまま使用することに。

初診にも関わらずレントゲン費用を回避できたのは大変ありがたいことです。

 

 

本題の診察ですが、3分で終了しました。

お医者さんは事前に私のレントゲン写真を確認してくれていたようで、診察台でサッと歯茎の状態を見た後は抜歯のスケジュール等を話して解散。

勝手にクリーニングされたり、「お前の歯ステインだらけやからホワイトニングするで~」とか言われたらどうしようという恐怖は杞憂に終わりました。

診察代は50zl (1500円)でした。

海外での初めての受診にビビりまくっていたのですが、お医者さん、助手の方ともにフレンドリーでホっとしました。

 

 

善は急げということで、明日朝いちばん8:30に一本目の親知らずを抜いてきます。

 

口内の無事を祈りつつ就寝。

f:id:snickersmini:20210408042012j:plain

術後数日は固いもんが食べられないだろうということで晩ごはんはピザ